ぬの部屋(仮)
nu-no-he-ya
  •      12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829 
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    15161718192021
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728     
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
           
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
           
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    232425262728 
           
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
           
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
           
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
           
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
           
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
           
  • 厳冬の惑星

     

     

    タイトル:厳冬の惑星

    ページ数:489

    著者:保科 弥生

    ジャンル:SF

    文章の特徴:三人称

     

    長編だが読みやすい文章。故に、お堅い作品が好きな人にはお勧めできない。

     

    前半は人種差別や政治的な色の濃い、ある意味リアリティのある物語なのだが、途中から異能の力を持つ者たちの戦いにシフトするので、いかにもな”文学”を読んでいたのに、いつの間にかラノベに変わっていたような印象を受ける。

     

    せめて後半に登場する女性陣が極端な美人でなければもっと好印象だった。そういう設定でも問題ないはず。読みやすいし面白いのでそこが残念。(ちなみに挿絵は一切ない)

     

     

    以下:個人的な感想

    —————————————–

    終盤のテーマは核武装で、核は悪という著者のメッセージがあからさまなまでに強い。この手の主張を見るにつけ、賛成ではあるが、核だけを特別視することに些か反発を覚える。

    核は「叩いたときに賛同者が特に多いモノ」だ。現代社会の問題点として核爆弾を悪者にしておけば、それを不快に思う読者は殆どいないだろう。

    だが同じ核でも原子力発電や、あるいは見方を変えて食品添加物やら原油漏れによる海洋汚染やら、そんなものを批判すれば、「経済活動を行う上では仕方ない」とか「じゃあエネルギー問題をどう解決するんだ」とか、いろんな批判が飛んでくる。

    この世には、本来は使ってはいけないモノがたくさんある。一度で懲りなければならなかったことがたくさんある。ありすぎて、あまりに生活に密着しすぎているので迂闊に批判できない。

    そんな社会の空気の中では、核兵器は創作物中の絶対悪として最適ではある。が、それを安易に持ち出す様は、なぜか、その他のたくさんの問題をとりあえず保留にしているように見えてきてしまうのである。

     

    ※どうでもいいけど結局リシテアどうなったんだ?

    —————————————–

     

    なお、終盤こそ核武装がテーマだが、物語全体としては核が悪いとかそういうことを言いたいわけではないだろう。そんな説教くさい話ではなく、純粋にSFとして(かは微妙だが)楽しめるので、一読の価値はある。

     

     

    以下、ネタバレにならない箇所をわずかに抜粋

    シリウスが自分の席の隣にある椅子を引いたので、メティスは手にもっていたランチを置き、席についた。わざわざ席を空けておいてくれたのだろうか。
    「ねえ、彼も誘ってみようか。学食来るの、珍しいんだろう?一人で寂しいだろうし」
    「やめとけって。あいつ臭いぜ。みんなあいつを避けて席取ってるの、わかるだろ」
    「そんなの、分からないじゃないか」
    「それはお前だよ。この学校に来てまだ二日だろ?あいつがどれだけの害なのか、知らないんだよ!」

    ————————————————————–

    コーヒーを渡されると、メティスはそれをすぐに口に運んだ。熱い、と一言言いながらも、少しずつ口に入れていく。その様子を見て、カロンは不思議なものを感じた。あのリシテアの反応、あれはある意味正常なものだ。普通、あれだけの惨劇が目の前で起こればだれもがパニックを起こすだろう。

    ————————————————————–

     その異変に気がついたその瞬間、廃屋の一階にあるドアが勢いよく開いた。
     クリーンスケアの兵隊が入ってきたのだろうか、そう思い、隠れる場所を探したが、いい場所が見つからない。この廃屋はずいぶん前にうち捨てられていた。少し動くだけで埃が立ってしまうし、何よりも自分の足跡が残ってしまっている。
     廃屋に潜む、敵に見つかったときに自分を守る、その基本を全て忘れてしまっていた。こんなことで、こんな失敗で死ぬわけにはいかない。隠れることをあきらめて、足音を立てずに一階に降りる。すると、そこには三人の兵士がいた。武装している。

     

     

     

    Visual StudioのIntelliSense

    少し油断すると出てくるこの画面。

    inteli

    IntelliSenseおよび参照情報が更新されるまでお待ちください

    お待ちくださいだと?

     

     

    何分かかるんだよ。

    世のプログラマがそんなに暇だと本気で思ってんのか?

     

     

     

    まあ私は暇なんだけどな←

    ノートパソコンの嘘

    ノートパソコンがほしくてずっと探しているのですが。

    CPUとメモリとSSD容量だけが条件なら安いのが腐るほどあるので何も困りません。そうじゃないから探してます。

    で、ノートパソコンのカタログを読む上で、全ての企業が意図的に行っている嘘があるので気をつけなければいけない点が二つあります。

    嘘というか、厳密には嘘ではないんですが。未必のなんちゃらですよねこれはもう。

     

    一つは、バッテリの持ち時間。

    JEITA測定法というので表現しています。これはつまり、特定条件で動かしたときに何時間持つかを計測したものです。

    車で言うなら「60km/hの一定速度でアスファルトの一直線の道路を走り続けた場合の走行距離」のような基準です。実際にはもう少し複雑な計算をしています。

    で、JEITA には ver.1.0 とver.2.0があります。

    ver.1.0は、例えば、こんな動画を流しっぱなしにしたときの消費電力が計られます。

     

    動画のスクリーンショット(クリックで実寸) 352x252

     

    vlcsnap-2014-11-23-10h43m52s78

     

    対してver.2.0の計測で流す動画はこんな感じです。1920x1080です。

    vlcsnap-2014-11-23-10h41m59s216

     

    本当は動画を貼り付けたいんですが規約的にアレなんで、ほしい人は以下からダウンロードしてください。

    ちなみにJEITA ver.1.0のほうの動画は自動解凍書庫になってます。作った当時まだzip圧縮書庫が一般的ではなかったんでしょう。

    http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=443&ca=14

     

    小さい動画を流すより、大きな動画を流すほうが当然電力はかかるわけで、バッテリの持ちは違ってきます。

     

    こんな感じで、JEITA ver.1.0というのは、バッテリ稼働時間を表記するメーカー側にとってもの凄く有利な条件なのです。

    実際、実用した場合のバッテリ持ち時間は、JEITA ver.1.0での表記の半分未満くらいと考えるのが無難です。

    もし、

    バッテリ稼働時間: 8.5時間 ※2

    と書いてあって、※2を見ると

    ※2 JEITA測定法 (ver.1.0)に基づきます

     

    などと書いてあったら、「ああ、4時間くらいだな」と思っておけば後悔しません。

     

    ちなみにJEITA ver.2.0 はだいぶ実用的ですが、それでも公式値から2~3時間は引いたほうが後悔しません。

    とはいえ、最近はSSDの普及も手伝ってかJEITA ver.2.0で10時間ぐらいのマシンが増えてきました。

    ぶっ通しで5時間も使う人は全体から見れば割と少ない方だと思うので、問題ないといえば問題ないのでしょう。

     

    もう一つは、SSD容量。

    SSDは、ヘッドを動かしたりしないので省電力で、耐衝撃性に優れ、その上高速です。

    デスクトップパソコンと比較したときノートパソコンは、持ち歩くので衝撃が与えられやすく、バッテリ稼働なので省電力性が求められ、省電力のために処理速度を落とさなければいけません。ノートパソコンを作る上での諸問題を解決してくれる優れものなんですが、単位容量あたりの価格がハードディスクに比べ馬鹿高いという欠点があります。

    2014年11月現在、巷のノートパソコン(windows 8搭載機)のSSD容量は、タブレット特化で小さい場合は64GB、大抵は128GB、256GB、512GBくらいです。

    512GBとか、高すぎてとても手が出ません。

    なので必然的に128GBになるんですが、最近のPCはリカバリ領域をHDD(SSD)にとっておいて、簡単に出荷時の状態に戻せるようになっています。

    ちなみに、現在のWindows 8(64bit)のシステム要件は、HDD容量20GBです。

    ということは、出荷時の状態で、動いているWindows 20GB分+リカバリ領域の冬眠中のWindows 20GB分で、最低でも40GBは使われているという計算になるわけです。

    128-40=88。さらにメーカー製品は頼んでもいないのにOfficeとかPhotoshopとかついていて、結局ユーザーが使える領域は80~60GBほどしかありません。

     

    つまり少なくとも大手PCメーカーのノートパソコンは、利用可能なSSD領域はカタログ値マイナス50GBくらいと見積もっておく必要があるわけです。

    厄介なことにこれを書いていないか、すごくわかりづらい場所に書いてあることが結構多いです。

     

    まあ両方とも嘘と言っては言い過ぎなんですが、激しく誤解を招く上に、実際どうなのかは相当調べないと出てこないので厄介です。

     

    今は人生初のノートパソコンはSony製か東芝製かで悩んでおります。Vaio Duo 13のバッテリはJEITA 1.0で18時間、魅力的です。残念すぎるのがVaio Fit 13aです。JEITA 1.0で12時間です。スペック殆ど変わらないのに何でそこだけ劣化するかな。東芝のほうの候補は2014年モデルなのでまだ高いですが、問題はそこではなくてi5 4210Yなところ。超低電圧・・・。でも8GBのメモリなら何とかしてくれる気がする←

    人間、外見は大切です。

    人間は外見が大事です。特に顔は大事です。特に女性のは重要です。

     

    さてこれを否定する人は現実見てない偽善者かのどちらかだと思うのですが、まあ確かに美人だという理由で事件に巻き込まれたりして悲惨な人生をおくる人もいますので、必ずしも幸せかというとそんな事はないのですけれども、じゃあ外見悪ければ事件に巻き込まれないかというとそんな事はないし、得かと言われれば大抵は損なので、特異な事例だけ見てそれは間違いだとはいえません。

     

    つまり、人間は顔なのです。

     

    無論人間は顔だけではありません。性格が良ければその分だけ顔の悪さを補うことはできます。それに顔の良さが活動に影響しない局面というのはしばしばありますが、性格に関してそのような場面はなかなかありません。そう考えると性格は顔以上に重要です。

     

    ところが性格というのは人間関係によって常に変化し、これまでの人生の経験によって大きく左右される事を考えると、顔が悪いために虐められたりした経験が卑屈な人格を形成したり、顔が良いが故に他者の親切を体験し、結果優れた人格を磨き上げるという差異は必ずどこかで生まれているわけで、つまり顔がいい人は性格もいいのです

     

    はて、そう思って現実を見てみると、顔と性格が一致しているのとしていないのと、それぞれ二パターンずつ計四パターンちゃんと存在しているわけで、本当に顔と性格の間には相関関係があるのかと言われると統計とってみないとわからないねと言う結論に達します。めんどくさいから私はやりませんが、え、とってくれるんですか?私の代わりに、いえ、結構ですやめてください。真実なんて知りたくありません

     

    まあ美人には美人の、不細工には不細工の苦労があるのでしょう。人生常に隣の芝は青いのです。ただこれだけはいえるのですが、なんにせよ、良いものは持っていた方がいいです。持っていないから得られる物もありますが、持っていては得られない物はそう多くはありません。トレードオフでないものは全部持っていた方がいいです。

     

    そんなわけでロケットニュースからロシア人美少女のご紹介です。

    http://rocketnews24.com/2014/11/20/512209/

     

    まあもてはやされると誰が悪かろうと結果的にダコタ・ローズのような末路をたどるのでこの先が不安でありますが、あれはフロリダだからいけなかったのだと思います。ロシアなら大丈夫。プーチン見てるとそんな気がします。プーチンは偉い。

    Blenderで螺旋を作る

    1.まず頂点のみのオブジェクトを作る。頂点はXY平面上において原点にいないようにする

    rasen1 rasen2x rasen3
    [1]平面を作成する

    [2]編集モードに入り[x]キー→Vertices
    を選択して頂点を消していく

    頂点は一つだけ残す。

    これで頂点だけのオブジェクトができた

     

    2.オブジェクトモードに入ってScrewモディファイアを追加

    rasen4

    Screw 螺旋の高さ
    Angle 巻き数。360で一巻き
    Steps なめらかさ

     

    3.カーブに変換

    オブジェクトモードで[Object]-[Convert to]-[Curve from Mesh/Text]を選択

    rasen5

     

    4.カーブの種類を変更(必要であれば)

    編集モードで[Tools]-[SetSpline Type]-[Bezier]など

    rasen6

    rasen7

     

    参考:

     https://sites.google.com/site/tomo0web/home/blender-tips/blender29

    Blender カーブに沿ってオブジェクトを複製する

    Arrayモディファイアを使うとオブジェクトが歪んでしまうので。

     

    1.コピーするオブジェクトを作る

    2.カーブを用意する

    chain1

     

    3.オブジェクトをカーブの子にする

    ※オブジェクトを右クリック→カーブをShift+右クリック→Ctrl+P

    chain2

     

    4.オブジェクト-[Duplication]-[Frames]

    ※Speedのチェックを外す

    これでパスに沿ってコピーができる

    chain3

     

    5.カーブを選択し、[Path Animation]のFramesで間隔を調節する

    6.同じ場所のFollowのチェックをつけるとオブジェクトの向きがパスに沿うようになる

    chain4

     

    このやり方だと細かい調整が必要になる場合がある。

    カーブの種類を変えたり(頂点を選択して[v])頂点を増やしたり(頂点を二つ選択して[w])して対処する。

     

    chain5

     

    最後に、Convert toではうまくメッシュにならなかったので、一旦obj形式でエクスポートしてからインポートして対処した。

     

    2015/05/16追記:

    複製したオブジェクトを個別にメッシュにする方法。下記をオブジェクトモードで行う。

    ① オブジェクトを選択する。
    ※この時点ではパスに沿って複製されたオブジェクト群は強調が弱く、オリジナルのオブジェクトだけが強調が強い。

      CurveCopy1   ←一番右下のがオリジナル。左側のは全てコピー

     

     

    ②Ctrl + Shift + A を押す。これでオブジェクトが実体化できる。

    ※この状態では移動はできるが、頂点がリンクしていて一つ編集すると全てに同じ編集がかかる
    CurveCopy2 ←カーブから離せるが、頂点が全てリンクしている。

     

     

    ③3DViewの[オブジェクト]→[シングルユーザー化]→[オブジェクトとデータ]を選択。何か聞かれたらSelected Objectsと答える。

    CurveCopy3

     

     

    これで各オブジェクト間のリンクが解除される。
    CurveCopy4

     

    大きな数

    ☆と大きな数の表現で一番でかいのは何だという話になって、

    私的には那由他が好きだけど一番大きいのは無量大数だろうと思っていた。

    http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/largenumber.html

    ら、

    http://www.geocities.jp/f9305710/kazu.html

     

    その上がこんなにあるという。

    一番トップが不可説不可説転といって、10の37218383881977644441306597687849648128乗の数だという。

     

    はて。10のn乗と言ったときには、1の後に0がn個くっつく。

    例えば10の3乗には1000つまり0が三つ。じゃあ不可説不可説転を文字で表してみようと思っても、実はコンピュータの世界では不可能だ。

    なぜかというと例えば1[TB](テラバイト)のハードディスクがあったとしても、そこにはどうあがいても1,099,511,627,776個のゼロしか入れられない。つまりゼロが10の12乗個までの数字しか表記できない。2014年11月08日現在、3.5インチHDD(つまりパソコン内蔵のもの)で一番大容量で10[TB]らしいので、10の13乗くらいまではいけるかもしれないが、大差ない。嘘だと思っても試さない方がいい。画像も動画も音楽も大量に保存できる高級なハードディスクに、何が悲しくてひたすら数字の0ばかり書き込まねばならんのか。人生はそんなことのためにあるんじゃない。

     

    ともあれ、今までラスボスだと思っていた無量大数は、クックック。奴は我々単位四天王の中でも最弱・・・レベルの雑魚だった。

    というかもう、子供のごっこ遊びで「オレ最強!」「じゃあオレその10倍強い!」「じゃあこっちはその100倍強い!」みたいなノリで適当に名前つけていったらこうなったみたいなアホな誕生秘話がありそうでならない。特に最後のほうはもう不可思とか不可量とか不可説とか、無理無理無理!勘弁して!みたいな感じになっていて、考えた人もよっぽどいやだったんだろうなということが伺えるほどである。鳥山明も同情するんじゃないか。

     

    JavaFX+JNA ウィンドウハンドルを取得する

    JavaFXで作ったウィンドウのHWNDを取得する

    Windowsではウィンドウハンドルさえあれば大抵のことができてしまう。

    http://stackoverflow.com/questions/15034407/how-can-i-get-the-window-handle-hwnd-for-a-stage-in-javafx

    からほぼ転載(getWindowPointer)。

    getWindowPointerで取得したウィンドウハンドルをHWND型の変数に代入し、

    SetWindowTextAでウィンドウのタイトルを変えている。

     

    package fxdemo;
    
    import javafx.application.Application;
    import javafx.stage.Stage;
    
    import com.sun.jna.Pointer;
    import com.sun.jna.platform.win32.WinDef.HWND;
    
    import com.sun.jna.Native;
    import com.sun.jna.win32.StdCallLibrary;
    
    import java.lang.reflect.Method;
    
    public class JavaApp extends Application{
        public static void main(String[] args){
            Application.launch(JavaApp.class, args);
        }
    
        public interface User32 extends StdCallLibrary {
            User32 INSTANCE = (User32) Native.loadLibrary("user32", User32.class);
            int MessageBoxA(HWND hwnd, byte[] text, byte[] caption, int type);
            int MessageBoxA(HWND hwnd, String text, String caption, int type);
        	boolean SetWindowTextA(HWND hwnd, byte[] text);
        	boolean SetWindowTextA(HWND hwnd, String text);
        }
    
    	private static Pointer getWindowPointer( javafx.stage.Window window ) {
    	   Pointer retval = null;
    	   try {
    	      Method m = window.getClass().getMethod("impl_getPeer");
    	      final Object tkStage = m.invoke( window );
    	      m = tkStage.getClass().getDeclaredMethod("getPlatformWindow" );
    	      m.setAccessible( true );
    	      final Object platformWindow = m.invoke( tkStage );
    	      m = platformWindow.getClass().getMethod( "getNativeHandle" );
    	      retval = new Pointer( (Long)m.invoke( platformWindow ) );
    	   } catch (Throwable t) {
    	      System.err.println("Error getting Window Pointer");
    	   }
    	   return retval;
    	}
    
        @Override
        public void start(Stage stage) {
            stage.setTitle("Hello");
            stage.show();
    
            HWND hwnd = new HWND( getWindowPointer(stage) );
            User32 user32 = User32.INSTANCE;
            user32.SetWindowTextA( hwnd , "こんにちは◎★♪".getBytes() );
    
        }
    }

    回転行列からオイラー角を求める

    Faust

    ゲーテのファウスト(高橋義孝・訳)。

    ようやく読み終わったが、大変に面白くない作品だった。

    というか、ギリシャ神話の神とか珍獣が大量に出てくる。ストーリーや会話の意図を理解する上ではわからなくてもほぼ支障はないのだが、理解するだけならWikipedia読めばいい気がする。本よりよほどわかりやすく簡素に内容がわかる。

     

    特に第二部はファウストの出番が少ない。

    冒頭100ページくらいが皇帝とその取り巻きの愚にもつかない会話(というと怒られるのだろう)で占められていて、正直ストーリーにどうか変わってくるのかよくわからない。

     

    ファウストの場合は文章を楽しむ作品であってストーリーがどうこうという話ではないのだろう。そういう意味では日本語訳しか読めない時点で手をつけてはいけない作品なのかもしれない。

     

    救いは、1行が短い箇所が多いので、本の厚みの割に(といってもそんなに厚くないのだが)全部読み終える上での文字数的難易度は低い。

     

    例えば、

    —————————

    妖精たち:

    消えよ、頭上の
    鬱陶しい丸天井よ。
    蒼い大気よ、
    いよいよやさしく
    親しく覗き込め。
    そうら、暗い雲も
    散り失せた。
    星屑がきらきら輝き、
    大きな星は太陽よりも
    やさしく光る。

    ……

    —————————

    云々( Faust [一] P101 (一四四七~) )

     

    あるいは、

    —————————

    ファウスト:

    証文?うるさいことをいう奴だな。
    君は男子というもの、男子の一言というものを知らないのか。
    己が一旦口にした言葉は、己の生涯を拘束する。
    それだけではいけないというのか。
    世界は刻々と流れ動いて一瞬といえども停止せぬ、
    それなのにこの己だけは一枚の証文に縛られるというのか。
    しかし人はみんななんとなく証文をありがたがって、
    そのばかばかしさを考えてみようとはしない。
    信義を誠実に胸に懐いている者は仕合わせだ。
    どんな犠牲をも後悔することはなかろう。ところが字を書き封印をした羊皮紙は、
    化け物のように世間の人を怖がらせる

    ……

    —————————

    云々( Faust [一] P117 (一七一六~) )

     

    こんな感じで1行が短い。だから耐えられた。が、人にはお勧めできない