スポンサーリンク

How to Morph Particles into Shapes in Blender のチュートリアルを試す(1)

プリミティブ準備

最初のCubeも使って、三つのプリミティブを準備する。

Particle Systemの追加[0:50]

CubeにParticle Systemを追加し、以下のように設定。

[Shift]を押しながら右ボタンクリックで各モデルを選択する。

Particle Systemを追加したCubeを一番最後に選択し、[Ctrl+L]→[Modifiers]でParticleを他のモデルにコピーする

またこの後でParticleのLifetimeを250にしておく(消えないようにするため)

keyの追加[02:30~ ]

Cubeをもう一つ追加し、後ろの方に配置する。

このCubeにもParticle Systemを追加し、EmissionのNumberを5000(他と同じ値)に設定、Endも1.0に設定する

Physicsへ行き、Keyedに設定し、keyを追加する

ここまでの設定で、アニメーションをするとParticleがCube→Sphere→Cylinderの順に移動する。

アニメーション速度

後から追加したCube.001のParticleのLifetimeを変更するとParticleの移動速度を変更できる。

より細かい速度設定のためには、Use Timingをチェックする。

そしてTimeとDurationを設定する。

Time … Particleがその図形に完全に移動する、タイムライン上の時間
Duration … Particleがその図形で何フレーム待機するか

例えば、「Frame 0 でCubeからスタートし、Sphereに到着するのがFrame 40,そこで15 Frame待機し、Frame 200 でCylinderに到着」

という設定の場合、

なおParticleが表示されているのはLifetimeの時間内だけなので途中で消える場合はLifetimeが短い可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: