スポンサーリンク

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (3)

Smoke Simulation Tutorial – Blender Cycles

Step 3 Camera and Lighting[04:20~ ]


Viewport ShadingをRenderedにする。ただし、表示が遅くなるため画面を1/4にする。

  • ライトを選択し、[M]で他のレイヤーへ移動する
  • [Add]-[Mesh]-[Plane]で平面を作成する。
  • [Alt+G]でPlaneの位置をリセットし、そのままPlaneをSmokeのDomainの上へ移動する
  • PlaneのマテリアルにEmissionを指定
  • EmissionのStrengthを12に設定
  • 背景を黒くするため、[World]-[Surface]-[Color]を黒に設定

光源がレンダリングされないように、

[Object]-[Cycles Settings]-[Ray Visibility]-Cameraのチェックを外す

  • [Num 3]を押してYZ方向から表示
  • [Num 5]を押して平行投影にする
  • Planeを選択し、[Object]-[Duplicate Object]で光源を複製
  • そのまま複製したPlaneをDomainの横に配置
  • [R]で90度回転して、domainを横からも照らすようにする
  • このとき、[Ctrl]キーを押しながら回転すると角度をSnapできる
  • 右クリックしてカメラを選択し、
  • [Alt+G]で位置を初期化(中央に移動)
  • [Alt+S]で回転を初期化(Z方向に下を向く)
  • [R]でY軸に90度回転
  • カメラを移動してドメインをY軸状からレンダリング出来るようにする
  • カメラのFocal Length、位置、傾きを自由に調整
  • 光源の位置・回転を自由に調整
  • 光源の色を調整

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (1)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (2)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (3)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: