スポンサーリンク

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (4)

Smoke Simulation Tutorial – Blender Cycles

Step 4 – Rendering and Exporting [ 9:26~ ]

  • 専用GPUがあれば高速
  • [Smoke]-[Domain]-[Resolutions]-Divisonsを64に設定
  • [Smoke High Resolution]-[Resolution]-Divisionsを5に設定
  • [Smoke Cache]-[Bake]をクリックしベイクを開始する
  • Bakeボタンが無効の場合は一度ファイル保存を行う
  • ベイク後に表示が重くて耐えられないようなら、[Smoke High Resolution]-[Show High Resolution]をOffにする
  • もしGPUレンダリングでクラッシュするようならGPUメモリが足りないので、各Divisionsを減らすなどの対策をとる

SmokeのFlowになっているオブジェクトを選択し、[Object]-[Cycles Settings]-[Ray Visibility]-Cameraのチェックを外す。これをしないとレンダリング結果に表示される。

加えて、ドメインの[Border Collisions]をCollide Allに設定する。これを設定しないとSmokeがDomainの外に出てしまってアニメーションとして面白みがなくなる。

Step 5 – Post Production in After Effects [12:17~ ]

以降はBlenderではなくAfter Effectsに入るので省略する。

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (1)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (2)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (3)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: