スポンサーリンク

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (2)

Smoke Simulation Tutorial – Blender Cycles

Step2 Animating the Emitter [2:06~ ]

煙の形状をよりリアルにする

Cubeを選択し、Editモードへ行く。[W]→Subdivide Smoothを実行し、より自然な形状にする。

Temperature difference

Temp. Diffを-1.0に設定する。環境との温度差が逆となり、煙が下に流れるようになる。

アニメーション

  • CubeをDomainの外に出す
  • [i]を押してLocationのキーフレームにする
  • 100フレーム移動する
  • CubeをDomainの上の方に移動する
  • [i]を押してLocationのキーフレームにする
  • Initial Velocityをonにするとさらに自然なSmokeになる。
Initial Velocity off
Initial Velocity on

色とキーフレーム

キーフレームにColorを指定することで、複雑な色のSmokeを作成出来る。

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (1)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (2)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (3)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (4)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: