スポンサーリンク

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (1)

Smoke Simulation Tutorial – Blender Cycles

Quick Smoke [0:08~ ]

キューブを選択し、[Object]-[Quick Effects]-Quick Smokeを選択する。

Divisions

Smokeの精度を上げるため、[Physics]→[Smoke]→[Domain]→[Resolution]→Divisionsを90など大きい値にする。

Divisions =32
Divisions =90

Smoke Adaptive Domain

Divisionsを上げると表示が遅くなる。Smoke Adaptive Domainをチェックすると、計算範囲を限定しシミュレーションの速度が上がる。

Smoke High Resolution[1:40~ ]

Smokeのsubdivision modifierを Smoke High Resolutionという。

Smoke High Resolution : off
Smoke High Resolution : on

また、WaveletというノイズのStrengthのパラメータを0にしておく。

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (1)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (2)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (3)

Blender CyclesでSmokeのチュートリアルを試す (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: