スポンサーリンク

ファイル保存ダイアログにコントロール追加(C#)

Windows API Code Pack

Windows API Code Packを追加して使えるCommonSaveFileDialogを使う。

VC++の[表示]→[その他のウィンドウ]→[パッケージマネージャーコンソール]を開き、以下のコマンドを入力

Install-Package WindowsAPICodePack-Core
Install-Package WindowsAPICodePack-Shell

ソースコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

using Microsoft.WindowsAPICodePack; using Microsoft.WindowsAPICodePack.Dialogs; using Microsoft.WindowsAPICodePack.Dialogs.Controls;
 
namespace WindowsFormsApp1 { public partial class Form1 : Form { public Form1() { InitializeComponent(); } private void Form1_MouseClick(object sender, MouseEventArgs e) { CommonSaveFileDialog dialog = new CommonSaveFileDialog(); CommonFileDialogCheckBox check = new CommonFileDialogCheckBox("check"); dialog.Controls.Add(check); if (dialog.ShowDialog() == CommonFileDialogResult.Ok) { if (check.IsChecked == true) { MessageBox.Show("Checked"); } else { MessageBox.Show("unChecked"); } } } } }

実行結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: