スポンサーリンク

C++CLI でコードで作成したフォームにコードでコントロールを配置

ソースコード

using namespace System;
using namespace System::Windows::Forms;

ref class MyForm :public System::Windows::Forms::Form { System::Windows::Forms::Button^ m_button; public: MyForm() { m_button = gcnew System::Windows::Forms::Button; m_button->Text = "hello"; m_button->Location = System::Drawing::Point(10, 10);//位置変更 m_button->Size = System::Drawing::Size(70, 30);//サイズ変更 m_button->Click += gcnew EventHandler(this,&MyForm::ClickEvent);//イベントハンドラ追加 this->Controls->Add(m_button);//フォームに配置 } virtual ~MyForm() { } void ClickEvent(Object^ source, EventArgs^ e) { System::Windows::Forms::MessageBox::Show("hello pushed"); } };
 
[STAThread] int main(array<String^>^ args) { MyForm m; Application::Run(% m); }

C++CLIのコード作成

1.空のCLRプロジェクトを作成

2.プロジェクト→
プロパティページ→リンカー→
詳細設定→エントリーポイント = main

3.プロジェクト→
プロパティページ→リンカー→
システム→サブシステム =
Windows (/SUBSYSTEM:WINDOWS)

4.プロジェクト→
ソースファイル→右クリック→
追加→新しい項目 (cppファイル追加)

5.プロジェクトを右クリック→
追加→参照→アセンブリ→
✔System
✔System.Windows.Forms
✔System.Drawing
の三つをチェック

6.コード記述

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: