スポンサーリンク

| キーワード:

Visual Studioのオフラインインストーラーを作成する

Visual Studioのオフラインインストーラを作成する方法。

1.VSのインストーラをダウンロードする

https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/?rr=https%3A%2F%2Fqiita.com%2F

2.コマンドラインから以下のようにコマンドを実行する

vs_community__xxxxx.exe –layout ダウンロードパス

例えば以下のようになる。以下では加えて–lang ja-JPを指定し、言語を日本語のみに絞っている。VS丸ごと全部のイメージは非常に大きいので絞れるところは絞ったほうがいい

なお–langなどの「–」はハイフン二本。

vs_community__1100310360.1503750996.exe –layout C:\test\vs\2019 –lang ja-JP

その他にも、–addオプションでどのコンポーネントをダウンロードするかを指定できる。以下はVC++に必要なものを入れた・・・つもりなのだが実際に実行してみると結局オンラインダウンロードが必要になってしまった。自分が必要なものだけを確実に抜き出すのは結構難しいようだ。


※改行は入れない。全てスペース区切り。

vs_community__1100310360.1503750996.exe –layout C:\test\vs\2019
–add Microsoft.VisualStudio.Component.CoreEditor
–add Microsoft.Component.MSBuild
–add Microsoft.VisualStudio.Component.IntelliCode
–add Microsoft.VisualStudio.Component.Roslyn.Compiler
–add Microsoft.VisualStudio.Component.TextTemplating
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CoreIde
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Redist.14.Latest
–add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.NativeDesktop.Core
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATL
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.DiagnosticTools
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Tools.x86.x64
–add Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.18362
–add Microsoft.Component.VC.Runtime.UCRTSDK
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.140
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATLMFC
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CLI.Support
–add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.v141.x86.x64
–add Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.16299
–add Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.17134
–add Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.17763
–lang ja-JP

コンポーネントID一覧:

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/install/workload-component-id-vs-community?view=vs-2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: