スポンサーリンク

Unreal Engine 4 ブループリント(5)アクタに力を加える(初速、射出等)

アクタに力を加える

Add Forceノードを使えば簡単に力を加えられる。力の方向の数字が大きいのはデフォルトのアクタの重量が100kgなど重いため。

ここでは、アクタが他の物体にヒットしたときに、0.5秒置いて左上方向に力がかかるようにした。

床か壁にぶつかると、その0.5秒後に左上に力がかかるので延々と壁にぶつかり続ける。

重量を変更するには、アクタを選択し、詳細→物理→MassInKgをチェックし、数字を入力する。

こちらのサイトが大変詳しいです:

https://qiita.com/mml/items/e614b441438ac9788d81

Add Force以外にもいろいろな力の加え方がこちらのサイトでまとめられています:

初速を与える

初速は開始直後に与える力。

ブループリントを開き、projectile Movementコンポーネントを追加する

ProjectileMovementを選択すると詳細が設定できるようになるので、Initial Speed、Velocityを設定する

これで、起動直後に物体に力がかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: