スポンサーリンク

| キーワード:

Unreal Engine 4 ブループリント(1)On Component Hitで文字列表示

UE4のブループリントに少し触れたい。

今回はアクタ(3Dのオブジェクト)が落下して何かに衝突したら文字列を表示させてみる。

UE4のブループリントはイベントドリブン型みたいな感じで、アクタに対してイベントが起こるとOn Compornent Hit イベントハンドラが呼び出されるので、そこに処理の内容を書く、と考えるとわかりやすい。

① アクタを追加して高い位置に移動

② アクタが重力の影響を受けるように設定、On Comprnent Hitを処理できるように設定

③ アクタをブループリントクラスに変換

④ ビューポートでオブジェクトを選択、On Compornent Hit イベントを追加

⑤ On Compornent Hit に Print Textを接続

⑥ コンパイル→プレイ

① アクタを追加して高い位置に移動

② On Comprnent Hitを処理できるように設定

③ アクタをブループリントクラスに変換

④ On Compornent Hit イベントを追加

⑤ On Compornent Hit に Print Textを接続

⑥ コンパイル→プレイ

結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: