スポンサーリンク

JP Procedural Stylized Rocks Tutorial [Blender 2.8] を試す(1)

なおここではBlender 2.90で試す。

手順

Step.0 [Edit]モードへ行き、初期のCubeを5倍にする。

以降、以下のようにモディファイア(とObject Data Properties)を編集していく。

Step.1 Subdivision Surfaceモディファイア

Step.2 Displaceモディファイア(一つ目)

BaseDisplacementNoiseテクスチャを以下のように設定

Step.3 Displaceモディファイア(二つ目)

SecondaryDisplacementNoiseテクスチャを設定。殆どBaseDisplacementNoiseと同じで、sizeを3.0に変更する

Step.4 Decimateモディファイア(一つ目)

Step.5 Decimateモディファイア(二つ目)

Step.6 ObjectDataProperties

Step.7 Smoothモディファイア

Step.8 Bevelモディファイア

Step.9 WeightNormal

これは追加するだけで、パラメータの変更はしない。

Step.10 Triangulate

続き

形状はこれで(ほぼ)完了。めずらしくチュートリアルに極めて近い物ができた。次回は残っているライティングとかもやってみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: