スポンサーリンク

Blender quick tutorial No. 9: How to create dynamic Mountains in Blender based on Modifiers のチュートリアルを試す(1)

Blender quick tutorial No. 9: How to create dynamic Mountains in Blender based on Modifiers

まずPlaneを配置し、16分割する。地形本体用。

用意出来たらVertex Groupを作成しMountain-Areaと名前を付け、全ての頂点をAssignする。

次にSphereを追加し、Editモードで1/5のサイズにする。地形の形状のコントローラー用。このサイズ変更はradiusの値を変更しても勿論いいが、ObjectモードでScaleすると結果が変わってしまうので注意。地形の形状がコントローラーの変換行列の影響を受けるため。

Planeに対してDisplaceモディファイアを追加。テクスチャにはCloudsを使用。

Coordinatesにはコントローラー用のSphereを設定し、Vertex GroupにMountain-Areaを設定。

ここまでで、コントローラ用Sphereを移動すればDisplacementが位置や回転に応じて変形する。

VertexWeightProximityモディファイアを追加。PlaneのMountain-Areaの頂点を、Shpereとの距離で決定する。Lowest=1,Highest=0に設定すると、Sphereに近い位置の頂点ほど強い影響を受け、遠い位置の頂点ほど影響しなくなる。

一番上にSubdivision Surfaceを追加する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: