スポンサーリンク

| キーワード:

decltypeとauto使えば演算子定義が楽になる

template<typename T>
struct coord {
  T x;
  T y;
  T z;
  coord() {}
  coord(const T _x, const T _y, const T _z) {
    x = _x;
    y = _y;
    z = _z;
  }
  template<typename U>
  coord<T>& operator=(const coord<U>& src) {
    x = src.x;
    y = src.y;
    z = src.z;
    return *this;
  }
};

 

このような構造体があったとして、こいつにoperatorを定義するときにいつも悩むのが戻り値の型である。

template<typename T, typename U>
double operator-(const coord<T>& s, U v) {
  typedef decltype(s.x - v) Type;
    return coord< Type >(
      static_cast<Type>(s.x - v),
      static_cast<Type>(s.y - v),
      static_cast<Type>(s.z - v)
    );
}

このように型を決め打ちしてしまうと、TもUもintなのにdoubleが返ってくることになったり、long doubleが入ってきたりすると潰れてしまう。

BoostにはBOOST::TYPEOFなるものがあるらしいが、このためにBoostを使うのは論外だ。

Boostにあるということはメタメタすればいけるんだろうが、これもやりたくない。

 

ここで思い出したのだが、今は仕事でもVC++2015を使っている。こいつのC++11対応はMicrosoftにしては良い線行っている。

autoとdecltypeを使えば、以下のように書ける。

template<typename T, typename U>
auto operator-(const coord<T>& s, U v) {
  typedef decltype(s.x - v) Type;
  return coord< Type >(
    static_cast<Type>( s.x-v ), 
    static_cast<Type>( s.y-v ),
    static_cast<Type>( s.z-v )
  );
}

 

やはり、ターゲットプラットフォームに問題がないなら、Visual C++のバージョンは2015以降を使うことを人類の義務にすべきだ。トランプよ法律作れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: