スポンサーリンク

| キーワード:

CMake中に出てきた大量のC2220への対処

c2220 警告をエラーとして扱いました。’object’ ファイルは生成されません。

Open3DのCMakeを試していたのだけれど、VC++2017でC2220が大量発生した。関連するプロジェクトが無数にある場合で、一つ一つプロパティを開くのは避けたい場合、王道な方法が見つからなかったのでCMakeList.txtを編集して対処した。

プロジェクトが少ない場合

単体のプロジェクトなら、以下のように /WX オプションを解除することで対処できる。

プロジェクトが複数の場合

CMakeLists.txtをテキストエディタで開き、中の「/WX」という部分を削除する。

set(CMAKE_C_FLAGS_RELEASE “${CMAKE_C_FLAGS_RELEASE} /MP ${MSVC_WARNING_IGNORE} /WX“)
set(CMAKE_C_FLAGS_DEBUG “${CMAKE_C_FLAGS_DEBUG} /MP ${MSVC_WARNING_IGNORE} /WX“)
set(CMAKE_CXX_FLAGS_RELEASE “${CMAKE_CXX_FLAGS_RELEASE} /MP ${MSVC_WARNING_IGNORE} /WX“)
set(CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG “${CMAKE_CXX_FLAGS_DEBUG} /MP ${MSVC_WARNING_IGNORE} /WX“)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: