スポンサーリンク

UbuntuでCMakeをビルドする

諸事情によりUbuntuでCMakeする事になったのだが、apt install cmakeで入れたのではバージョンが足りなかったのでCMakeをソースからビルドする。

10年近くまともにLinuxを触っていなかったので結構苦労した。

必須ツールをダウンロード・インストール

まず以下が必要。

sudo apt install gcc
sudo apt install g++
sudo apt install make
sudo apt install libssl-dev

libssl-devはOpenSSLのヘッダなどを使えるようにする物で、CMakeのビルドに必須ではないのだが、OpenSSLなしでビルドすると実際に使うときに苦労するので絶対に入れた方がいい。

ソースをダウンロード

1.作業用ディレクトリを作成

mkdir ~/develop

2.CMakeのソースコードをダウンロード

URLは: https://cmake.org/download/

から、Unix/Linux Source (has \n line feeds) cmake-3.22.1.tar.gz をダウンロードするのだがここはlinuxらしくwgetを使うことにする。

以下で該当ファイルを~/developディレクトリにダウンロードする。

wget https://github.com/Kitware/CMake/releases/download/v3.22.1/cmake-3.22.1.tar.gz -P ~/develop

3.tarを展開

~/developへ展開する。

tar zxvf ~/develop/cmake-3.22.1.tar.gz -C ~/develop

ビルド

1.cmakeのソースコードを展開したディレクトリへ移動

cd ~/develop/cmake-3.22.1

2.bootstrap , make , make install

./bootstrap
make
make install

注意

OpenSSLを入れなかった場合、./bootstrap中に以下が出る。

CMake Error at Utilities/cmcurl/CMakeLists.txt:562 (message):
Could not find OpenSSL. Install an OpenSSL development package or
configure CMake with -DCMAKE_USE_OPENSSL=OFF to build without OpenSSL.

もしOpenSSLを使わないと断言できるなら、オプション付きで./bootstrapすれば無効化できる

./bootstrap — -DCMAKE_USE_OPENSSL=OFF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: