スポンサーリンク

Create Realistic Grass in Blender 2.8 in 15 minutesのチュートリアルを試す(2)

草を曲げる

08:44

1.[Tab]でEditモードへ行く

2.[Ctrl+R]でループカットを開始

3.ホイールを回し、草のポリゴンを7等分する

4.エッジ選択モードにする

5.Proportional EditingをSharpにする

6.ポリゴンの一番上のエッジを選択し、[G]で曲げる

7.Smooth Shadingに切り替える

[F3]で検索窓でShade Smoothを検索する

※あるいは、Object→Shade Smoothを選択する

草を増やす

09:24~

8.Editモードで[Shift+D]でDuplicateし、すぐ隣に移動する

9.再び画面を二分割し、左側をUV Imageにする

10.[D]でUVを移動し、別の葉に移動する

11.回転・拡大縮小を加え、同様のものを複数設置し、草の株を作る

12.複製などを利用すると比較的早くできる。最後に、originが草の根元にあることを確認する

地面を設置する

11:23~

13.[Shift+A]→[Mesh]→Plane で新たなPlaneを追加し、[S]で約6弱の大きさに広げる

14.Sculpt Modeへ移行する

16.DyntopoをOnにする。(チェックを入れると警告が出るので”OK”を押す

Sculptで地面を盛り上げる

Smooth Shadingにする場合
引き算は右ドラッグ
半径を変えるには、上のメニューか、その場で右クリックする
Xのミラーを解除する場合はここをOffにする

区切りがいいので次は次回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: