スポンサーリンク

Blender 2.79系列のCrack it!アドオンは2.8以降でCell Fractureとして標準になったけどマテリアルは入ってないので手動で移行することにした

なろう系ラノベのようなタイトルだが要はそういうこと。私はCrack itは物体の粉砕より手軽にRockやMudのマテリアルを付けられるところが気に入っていた。Cell Fractureにはマテリアルが付属していないようなので手動で移行する。なお私の場合、管理はAsset Managementアドオンで行う。

まずCrack it!の入ったBlender 2.7系にて、六個のオブジェクトを作成し、それぞれにCrack it!のマテリアルを設定する。オブジェクトをCrackする必要は無い。

それをファイル保存し、そのまま2.9で開けばマテリアルが適用されているので、自分の方法でマテリアルを管理できる。

注意点として、EEVEEとCyclesではかなり表示が異なる。設定かもしれないが詳細は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: