※お知らせ 今月どこかでメンテナンスを行う可能性があります。最悪数日間アクセスができなくなる可能性があります。

スポンサーリンク

Bitnami MODx Stackを動かしてみる(1) 仮想マシンの設定

概要

Bitnami MODx StackはCMSのMODxを使える状態で配布されている仮想マシンのイメージ。

Step.1 以下から仮想マシンをダウンロードする

MODX Virtual Machines

https://bitnami.com/stack/modx/virtual-machine

※現時点でのファイル名 bitnami-modx-2.7.2pl-2-linux-debian-9-x86_64.ova

Step.2 VirtualBoxを起動し、.ovaをインポート

Step.3 仮想マシンを起動し、ログイン名 bitnami , パスワード bitnami でdebianにログイン

※この時上記ログインパスワードを強制的に変えさせられるかもしれないのでなにか適当に入力する

Step.4 ホストOSからMODxにログインする

ID/パスワードはdebianの起動時に出てくるが、

cat ./bitnami_credentials

としても確認できる

URLはIPアドレスをipconfigから確認できる。

例 http://192.168.1.3

Step.5 一応日本語化する

もう少し詳細な説明

Step.1 以下から仮想マシンをダウンロードする

MODX Virtual Machines

https://bitnami.com/stack/modx/virtual-machine

Step.2 VirtualBoxを起動し、.ovaをインポート

Step.3 仮想マシンを起動し、debianにログイン

起動直後のログイン画面に

  • サイトURL
  • MODxへのログイン情報
  • debianへのログイン情報

が表示されいてる

bitnami / bitnami でログインする

この画面が出てこない場合、ログイン情報は、以下のコマンドで確認できる

cat ./bitnami_credentials

サイトURLはipconfigで確認する

sudo ifconfig

Step.4 ホストOSからMODxにログインする

サイトURL
http://IPADDRESS/
 
ログインURL
http://IPADDRESS/manager/

パスワードは上記の
U6PfP5tB1Mqn等

Step.5 一応日本語化する

System Settingsを開く

「Filter by area…」にlanguageと入力し設定項目を絞り込む

Manager Language の項目を ja に設定

設定を変えてもなぜか暫く変わらないので注意。あちこち移動しているといつの間にか変わる

なお日本語での言語の設定名は「管理画面の言語」

その他

続く…

参考

Find application credentials
https://docs.bitnami.com/bch/faq/get-started/find-credentials/

MODX Virtual Machines
https://bitnami.com/stack/modx/virtual-machine

Obtain application and server credentials
https://docs.bitnami.com/virtual-machine/apps/modx/get-started/first-steps/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: