スポンサーリンク

Oracle+Java (JDBC) 環境設定

OracleデータベースにJavaからアクセスすることを考える。JDBCを使う。

 

①JDBCドライバをダウンロードする

http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise-edition/jdbc-112010-090769.html へアクセスし、ojdbc6.jarをダウンロードする

 

②プログラム

import java.sql.*;

public class jdbctestApp{

    public static void main(String[] args) {
        try {
            Class.forName(“oracle.jdbc.driver.OracleDriver”);
            Connection con = DriverManager.getConnection("jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:XE", “ユーザ名“, "パスワード");
            con.close();
            System.out.println(“Success JDBC”);
        } catch (Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

 

③適切なクラスパスの設定をする

方法1 CLASSPATH

C:\>javac jdbctestApp.java
C:\>set CLASSPATH=.;C:\dev\ojdbc6.jar
C:\>java jdbctestApp

 

 

方法2  -classpath

C:\>javac jdbctestApp.java

C:\>java -classpath .;C:\dev\ojdbc6.jar jdbctestApp

 

 

方法3 jre/lib/ext/

C:\Program Files\Java\jre8\lib\ext\ojdbc6.jar という具合にobjdbc6.jarを配置する。

 

 

参考文献:

http://www.intra-mart.jp/download/product/iap/setup/iap_setup_guide/texts/install/common/jdbc.html#oracle-database

http://blog.livedoor.jp/eitake0002/archives/34100490.html

http://itref.fc2web.com/java/jdbc.html#classpath

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: