スポンサーリンク

好きな環境変数を設定したコマンドプロンプトを開くバッチファイル作成

windowsでシステムのプロパティの環境変数のPATHにパスを追加するのが嫌なので、環境変数を適用したコマンドプロンプトを開くバッチファイルを作成する

toolactivate.bat


cd C:\mybins\command\work
set PATH_ANC=C:\Users\yamada\anaconda3;C:\Users\yamada\anaconda3\Scripts;C:\Users\yamada\anaconda3\Library\bin
set PATH_APP=C:\mybins\7za;C:\mybins\command\ffmpeg-2021-11-29-git-86a2123a6e-full_build\bin;C:\mybins\ImageMagick-7.1.0-portable-Q16-x64
set PATH_CMP=C:\mybins\command\PortableGit\bin;C:\mybins\command\depot_tools

set path=%PATH_ANC%;%PATH_APP%;%PATH_CMP%;%path%;

%windir%\system32\cmd.exe /k

解説

一行目のcdでカレントディレクトリを設定する。

二行目以降、setで環境変数を三つ設定。一行でもいいのだが自分が管理しやすいように分割している。

最後のset path=で三つを結合し%path%と混ぜる。なおanaconda3を%path%より前に書かないとmicrosoft store?的な物が起動してしまう可能性がある。

最後のcmd.exeでコマンドプロンプトを開く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: