スポンサーリンク

ngPlantで木を作る (4) (Blenderでレンダリング)

ngPlantで木を作り、それをBlenderでレンダリングする。

ngPlantで貼り付けたテクスチャがそのまま持って行けるので、少し設定をいじるだけで簡単にレンダリングできる。

まずngPlant側で木を作る。 76_toBlender_create

[File]-

[Export to]-

[Alias-Wavefront
(.OJB)]

77_toBlender_export
Parametersウィンドウが出る。
Scale to heightは、
大きいとBlender側で巨大に
なってしまうので、
1などにしておいた方が無難
78_toBlender_parameters
フォルダ選択ウィンドウで
保存したいフォルダを指定。
次に右図のウィンドウが出る。
ファイル名を入力してOK
79_toBlender_choosename

Blenderへ行き、
[Files]-[Import]
-[Wavefront(.obj)]
を選択

80_toBlender_import
読み込んだ直後。
見えないがテクスチャも
ちゃんと貼り付けられている。
81_toBlender_view1
葉を選択し、
マテリアルへ行き、
・SpecularのIntensityを0に
・Transparencyをチェックし
・Alpha,Specularを0に
設定する
82_toBlender_alpha1
テクスチャへ行き、
・Influenceにチェックを入れる
・ついでにInterpolationの
チェックを外す
設定する。

Interpolationのチェックを
外すと、テクスチャのぼけが
少しだけ改善する

83_toBlender_alpha2

光源等々設定し、レンダリングする。

84_toBlender_result

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: