スポンサーリンク

HK 変態仮面

変態仮面

 

huluに来ていたので久しぶりに見た。

※ちなみに私は原作を知らない。原作派からすれば存在自体が許せない作品なのかもしれないが、ここでは考慮しない。というかできない。

 

私は日本のドラマ・映画はあまり見ない。そんな中、この作品がなぜ面白いのか。

それはそもそもの題材が、どうやってもシリアス展開にしようが無いふざけた作品であり、故にギャグに割り切った一直線な作品で、そしてそう作ることが完全に自然だからだろう。

 

例えば別の作品では、「GANTZ」の冒頭で電車に轢かれるシーンで、ホームに降りて(はいけないのはこの際許すが)暢気に酔っ払いを起こしているシーンを見ると「危機感なさ過ぎて冷め」てしまう。

 

しかしHKは違う。脚本や役者や映像に強烈な多少の無理違和感を覚えても、「まあギャグだし」と思えば全てが許せてしまう。演出や品質以前に設定がぶっ壊れているのだ。何が来ようとかまわん

ただ私は「登場人物が変な格好をしている」事で面白みを感じることがほぼ皆無で、だから顔芸で売っている芸人とかは悉くだめだ。多分そういうので笑える人ならさらに面白いだろう。

 

注意点は二つ。まずいわゆる学芸会系の作品で、全編通してコントとか漫才のノリなので、割り切れないなら拷問である。約二時間の映画風長編コントと思えばいい。

※余談だが、いま見ていてラバーガールの大水洋介が出ていたことを初めて知った。多分他のキャラも何かしら役者以外の背景があるのだろう。ラバーガールはとても落ち着いたコントを見せてくれるので、本作を見る前に一本見ておくといいかもしれない

次に表現がいささか過激なことだ。いまGoogleアドセンスの導入ができないか考えているのだが、女性の水着写真がグレーゾーンだというので、変態仮面なんか確実にアウト間違いない。だから画像が貼れない(著作権はまた別)。

なんせことあるごとに男性の股間がアップされる映像作品である。ヒロインが思わず目を背けるシーン。気持ちわかるぞ。これ女性でやったら放映できないだろ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: