スポンサーリンク

| キーワード:

glPolygonModeでワイヤーフレーム表示

#include <iostream>

#include <Windows.h>
#include <gl/GL.h>
#include <gl/GLU.h>
#include <gl/freeglut.h>

//ウィンドウの幅と高さ
int width, height;


void draw() {

  double v = 0.7;

  glBegin(GL_QUADS);
  glColor3d(0, 0, 1);
  glVertex2d(-v, -v);
  glColor3d(1, 0, 1);
  glVertex2d(v, -v);
  glColor3d(1, 1, 1);
  glVertex2d(v, v);
  glColor3d(0, 1, 1);
  glVertex2d(-v, v);

  glEnd();

}
//描画関数
void disp(void) {

  glViewport(0, 0, width, height);

  glClearColor(0.2, 0.2, 0.2, 1);
  glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT | GL_DEPTH_BUFFER_BIT);

  glPolygonMode(GL_FRONT, GL_LINE);//ワイヤーフレーム描画に設定
  draw();
  glPolygonMode(GL_FRONT, GL_FILL);//塗りつぶし描画に戻す

  glFlush();
}
//ウィンドウサイズの変化時に呼び出される
void reshape(int w, int h) {
  width = w; height = h;

  disp();
}

//エントリポイント
int main(int argc, char** argv)
{
  glutInit(&argc, argv);
  glutInitWindowPosition(100, 50);
  glutInitWindowSize(500, 500);
  glutInitDisplayMode(GLUT_SINGLE | GLUT_RGBA);

  glutCreateWindow("sample");
  glutDisplayFunc(disp);
  glutReshapeFunc(reshape);
  glutMainLoop();

  return 0;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: