スポンサーリンク

Blenderの空(雲)を作るチュートリアルHow to Make Realistic Clouds in Blenderを試す(1)

How to Make Realistic Clouds in Blender (100% PROCEDURAL!)

組み込みテクスチャで雲のある空を作るチュートリアルです。

カメラの設定[0:27~]

1.最初のCubeを[X]で削除し、レンダラをCyclesに切り替える。

2.カメラを[Alt+G] , [Alt+R] で位置と向きを初期化する。

3.[R][X][90]とキーを打ちカメラをY正面に向け、Y座標を-10に移動する。

4.[Num 0]でカメラ視点になる

5.Render→Dimensions→Borderをチェックし、カメラ内部だけがレンダリングされるようにする

6.ノードエディタを開き、Worldの編集に入る

ノード編集[1:30~]

1.ノードを追加する

  • [Shift+A]→[Texture]→Gradient Texture
  • [Shift+A]→[Vector]→Mapping
  • [Shift+A]→ [Input]→Texture Coordinate
  • [Shift+A]→ [Converter]→ColorRamp

を追加。

なお動画ではGradient Textureを追加した時点で[Ctrl + T]でMappingやTexture Coordinateが追加されるが、これは「Node Wrangler」というアドオンの機能なので、ここでUser Preferenceから有効にしておく。

2.各ノードを以下のように設定

3.ColorRampの↔ボタンをクリックして上下を入れ替える

4.以下のように設定

5.[Shift+A]→[Color]→Hue/Saturationを追加し、ColorRampとBackgroundの間に挟む。Saturation=0.950に設定

雲用のPlaneを追加[4:13~]

1.3D Viewへ戻り、[Shift+A]→[Mesh]→Plane を追加 (※3Dカーソルが0,0,0二あることを確認)

2.[S]→[1]→[0]とキーを押しサイズを10に設定
3.[Num 5]で平行投影にして[Num 7]でXのビューに切り替え
4.[R]→[1]→[0]とキーを押し10Unit (10° ? )回転
5.Planeの右側、カメラと反対側がほぼZ=0になるように上に移動

雲用のPlaneのマテリアル設定[4:43~]

1.PlaneのMaterialをnewし、名前をCloudsにする。さらにこのDiffuseは[X]で削除する。

2.続いて以下を設置

  • [Shift+A]→[Texture]→Noise Textureを追加
  • [Ctrl + T]でMappingとTexture Coordinateを追加
  • Texture CoordinateのObject→Mappingにノード接続
  • [Ctrl + Shift]を押しながらNoise TextureをクリックしてViewerノードを追加
  • [Shift+A]→[Converter]→[ColorRamp]を追加し、Noise TextureのColor→ColorRampのColor→ViewerのColor→Material OutputのSurfaceという接続を作る

3.ColorRampを以下のように設定

4.以下を追加

  • [Shift+A]→[Shader]→Emission
  • [Shift+A]→[Shader]→Transparent BSDF
  • [Shift+A]→[Shader]→Mix Shader

Transparent BSDFとEmissionをMixし、ColorRampの出力をFacへの入力とする。出力はMaterial Outputへつなげる

5.Noise Textureのdetailを16.0に変更

雲用のPlaneのマテリアル設定(2)[6:35~]

さらにリアルにしていく。

1.Mapping と Noise Texture をDuplicate、[Shift+A]→[Color]→MixRGBを追加し、以下のように接続

2.Noise Texture と ColorRampをDuplicateし、以下のように接続

3.[Shift+A]→[Color]→[MixRGB]を追加し、タイプをMultiplyに設定

以下のように接続

4.[Shift+A]→[Texture]→Gradient Textureを追加
5.Mapping , ColorRampをDuplicateし、以下のように設定
6.MultiplyをDuplicateし、以下のように接続

ここまででひとまず完成で、このままPlaneを[R][X]で回転して好みの状態を作ることができる

残り (11:30~ )

時間的には残りわずかなんだけれど疲れたので残りは次回。

関連

Easy Cinematic Look Tutorial – Using Free Software (Blender)のチュートリアルを試す+保存とかNode Groupとか

Blenderの空(雲)を作るチュートリアルHow to Make Realistic Clouds in Blenderを試す(1)

Blenderの空(雲)を作るチュートリアルHow to Make Realistic Clouds in Blenderを試す(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: