スポンサーリンク

Blenderで鎖のチュートリアルを試す(1)

Blender Tutorial – Quick Rigid Body Fun

1.鎖を作る [0:11~ ]

1.トーラスを作成

[Shift+A]→[Mesh]→[Torus]

2.トーラスから鎖の形にする

[Num+7]で上面からの図に切り替え、Editモードへ移行し、Torusを楕円にする。その後[Shift+D]で複製し、[R+Y]で90度回転する。

① Torusを伸ばす

② Torusを鎖にする
③鎖を増やす

なお、動画で使っているのは[Shift+R]というリピート機能。ただしこの機能を使う場合、[Shift+D]をした後[ESC]すると[ESC]が最後の作業と見なされてしまうので、[Shift+D→ドラッグ]でなければならない。

https://maku77.github.io/blender/ui/repeat.html

2. 鎖に物理シミュレーションを追加[0:50~ ]

鎖の一つを選択し、

[Physics]→[Rigid Body]→
[Rigid Body Collisions]→[Shape]

を”Mesh”に設定

Rigid Bodyを設定した鎖をアクティブにし、その他の鎖を選択する。

[Physics]→Copy from Active

で最初の鎖の設定を全てに反映

3.地面を追加 [1:53~ ]

落下したときに落ちる地面を追加する。

[Physics]→[Rigid Body]→[Rigid Body]→[Type]→Passive

4.ここまでの結果 [ 02:05~ ]

5. 鎖の調整[03:00~ ]

1.鎖を一つだけ固定する

[Physics]→[Rigid Body]→ Dynamicのチェックを外す

2. 鎖に球を追加

3.重心を変更

オブジェクトのOrigin(オレンジ色の点)がシミュレーション時にオブジェクトの重心として計算されるため、Originをオブジェクトの中心にしておく。鎖を全て選択し、

[Ctrl + Alt + Shift + C]→ Origin to Geometry を選択

4.傾けてシミュレーション

1.固定されている鎖(一番上)を選択

2.[Shift+S]→Cursor to Selected

3.[3D Cursor]を選択

4.全ての鎖を選択

5.[R]で回転

5.ここまでのアニメーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: