スポンサーリンク

Blender + LuxRenderで草を作りたくて色々(3)

前回の草は悪くなかったが、のっぺりしていて今ひとつだった。

草のサンプルの多くは、テクスチャを使って草の根本を暗い色に、先端を明るい色に設定しているらしい。

それをやってみたいが、Blender標準のレンダラで設定できるBlendテクスチャがなぜかLuxRenderで反映されないので、自力でテクスチャを作る。

gimp等で2~3回グラデーションをかけて以下のようなテクスチャを作成。

19_texture

それをParticleに反映。

まずマテリアルを追加し、grass_texなど適当な名前をつける。

20_material

 

テクスチャを追加し、LuxRender typeをImage Mapに設定。

21.texture

 

LuxRender Image Map Textureの設定を、GreyscaleからColorに変更、File Nameのところに上のテクスチャを設定。

22.texture

 

LuxRender 2D Texture MappingのMapping Type:をUVに設定。

23.texture

マテリアルに戻り、grass_texのMaterial typeをMatteにし、LuxRender Matte MaterialのDiffuse colorのTをクリックし、テクスチャを指定。

24.material

Particleへ行き、Renderの項目でgrass_texを指定

25.particle

レンダリングする

before after
26.no_texture 27.textured

人工芝と言えば通用するぐらいにはなったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: