スポンサーリンク

Blender + LuxRenderで草を作りたくて色々(1)

Blenderの草のチュートリアルはYouTubeに色々あるが、どうもうまくいかない。

さらにLuxRenderでとなるとかなり限られてくる。

 

Blender + LuxRenderで、Particleによる草作成を考える。

※これは徒然的なメモです。

まず、こんなポリゴンを用意する。Cubeの裏側を消してあるので3面しかない。

1.cube

マテリアルを二つ作成。一つは地面用に茶色。もう一つは草用に緑色。
LuxRenderなので、Material typeをMatteにしてDeffuse Colorを設定する。
※図のようにgroundを上にしておくと箱が茶色になる

2.material

 

Particleへ行き、Newボタンをクリックする。
TypeをHairにし、Renderのマテリアルをgrassにする。

3.particle

 

ここからが本番だが、まずEmissionのNumberを8とか小さな値にする(右)。
草にするには小さすぎるが、パラメータの影響を把握しやすくなる。

4.emission_number8

 

この状態でレンダリングすると、下のようになる。

 5.scene1

 

まず草に幅を与える。

LuxRender Hair Renderingで、
・Hair Size 1.000・Root: 1.0
・Tip: 0 (0にはならないが)

6.hair_rendering1

7.scene2

ちょっと太すぎるので、Rootを0.2ぐらいにしておく。

Rootは根本、Tipは先端の太さを設定する

9.scene3

※ちなみにLuxRender Hair RenderingのUse Binary Strand Primitiveのチェックを外すと方向性が変わってしまうので注意。

 8.scene_a

 

草の長さを調節する。状況に応じて変えるが、今回は4.0→1.0へ変更

このサンプルでは毛が長すぎるので、

EmissionのHair Lengthを1.000にする

10.hair_length

11.scene4

 

草の島(塊)を増やす。EmissionのNumberだとただ生える量が変わるだけなので、childrenを使う

1. ChildrenのSimpleを選択。

2.Render:の値を100→10 レンダリング時に何本表示するか。Displayは3D View上の表示を表す

 3.Clumpの値を変更。

Clump>0のとき:

先端に向かってHairが集中

12.scene5

Clump<0のとき:

根元で集中

13.scene6

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: