スポンサーリンク

Blender 2.8 instancing機能について

instancing機能はオブジェクトを複製する機能と言える。検索するとParticle Hairのように見える例が散見されるが、どちらかというとArrayモディファイアに近いと思う。

というかなんでモディファイアではないんだ。

instancingの考え方

① 「複製したいオブジェクト」と「複製の基準となるオブジェクト」を用意

② 基準(親) - 複製したいオブジェクト(子)の関係を作る

③ 複製方法(面基準か頂点基準か)を選択する

実体化

基準としたオブジェクトを選択し、[Object]→[Apply]→[Make Instances Real]で複製したオブジェクトを実体化する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: