スポンサーリンク

Blender 2.8 Create Grass Fast Blender Tutorial 抜粋

これも無駄の多いチュートリアルなので抜粋する

草一本を作成

[Shift+A]→[Mesh]→[Plane]でPlaneを一つ追加し、Proportional Editingを使って草一本分をモデリングする

※ なおマテリアルを設定するならこの時が一番いい。

一本をコピーして100本(10×10)作成

草一本にArrayモディファイアを追加し、僅かに間隔を開けて10個複製する。

さらに、ArrayモディファイアをCopyしArray.001を作成、Relative OffsetをXを0、Zを0.1に設定する。

両方のArrayモディファイアをApplyする。

F3キーを押し、separateを検索、 By Loose Partsで非連続な部分を全て別オブジェクトに変換する

なお分割後、Origin to GeometryでOriginを各モデルの重心に移動しておく。

ランダムに再配置・結合

F3でRandomize Transformを検索し、Location、Rotation、Scaleを適当に設定する。この時、Rotation Zは180度回転させるが、その他は余り極端にしない。Locationを大きくしすぎると散らばりすぎる。

Randomize Transformが終わったら全部選択されている状態でCtrl+Jを押し、一つのオブジェクトにまとめる

形を整える

Proportional Editingを使って草っぽい広がり方にする

Particle hairで配置

平面を追加し、Particleを追加→Hairを選択。Advancedにチェックを入れる。

Hairにオブジェクトを設定:
・Render → Render As = Object
・Render → Object → Instance Object = 草のオブジェクト

草のランダム回転: 
・Rotation → Orientation Axis = ObjectZ
・Rotation → Randomize Phase = 任意

草のランダムサイズ変更:
・Render → Scale Randomness

 

同じ原理でテクスチャを設定した場合

https://www.cc0textures.com/view?id=Foliage001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: