スポンサーリンク

風邪と椿と解剖図

☆がゲーム画面をスクショして印刷するものだから、それを見つけたその旦那が

 

これはゲームの設計図か?

 

と聞いてきたという。

 

惜しい。どちらかというと解析図だな。

 

と思ったのだが、コトバンクで調べてみると解析とは

事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質明らかにすること。

ということだそうだ。細かくというのはともかく理論的にといわれると引っかかるし、そもそも単純な娯楽系のゲームに本質などないのだから、どちらかというと解剖図のほうがしっくり来るのだろうか。ある意味、バラしているのは確かなわけだし

 

さて、そんなことを考えているうちに、☆の家にはヤブツバキがあることを思い出した(なぜだ?)

椿。ほしい。是非種から育てたい。だが、果たして私がヤブツバキを手にする未来はあるのだろうか。

個人的に気になっているのはヤブツバキより緑の花が咲くというコナだ。ワビスケ系なら変形葉のまどかがまずほしい。そう考えるとヤブツバキは後手後手になる。

だがそれ以前に、そもそも今春買った津川絞りの花もまだ見ていないのだから、そう椿ばかり増やしてもどうかと思う。

 

 

大体六、畳二間のアパートにそんなに椿ばかりおけるはずがない。となると、ツツジに手を出すというのが自然な流れか

 

 

そういえば、今日あたり久しぶりに風邪気味なせいか頭が痛くて仕方がない。

これはあれだ。ツツジを手に入れろと言う神からのお告げに違いないのである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


この記事のトラックバックURL: